カウンター
[PR] blog

節税対策とは 太陽コンサルタント株式会社   安村税理士オフィス 相続問題・空き家問題・消費税に強い

太陽光1.jpg太陽コンサルタント株式会社

☎ 03-6272-3962  mail

メガソ-ラ-発電事業コンサル

ニーズに応じた環境投資として
の発電事業の導入・運用のコンサル

投資案件 新規事業コンサル

節税対策とは

節税対策。よく使われる言葉です。税金を減らすことという意味でつかわれてしまう場合も少なくないです。しかし、本当は、経営実態に応じた各種税法等の有利選択や長期的な経営計画に基づく所得と資産のバランスをとつたうえでの節税対策というものが適切なものなのです。

有利選択は法人税、所得税、相続税、消費税などの単独の税法でも場面に応じた有利選択をする場合も多いです。ただ、それだけではなく、数年間あるいは事業承継がらみのスパンで、先に掲げた税法に横断的にかかわるプランニングが必要な場合も多いのです。とすると、私たちは、税理士として少し長い目で会社経営や事業をとらえて、経営者の方々との信頼関係を前提にした、アドバイザ-の役割を果たさなければならないということになります。

単に、その年で費用計上を少し甘く見て会計処理、税金の計算をするというだけでは、ソフトが発達した今、それだけではあまり意味がないように思えます。ましてや脱税指南などということは論外です。

少しずつ、具体例をあげて、合理的節税の話をしていきます。

特別償却と税額控除の具体的計算例:どちらが節税という点からは有利ですか!? 

 

①    

②    

②   -①差額/投資額

課税所得

1

1

 

特別償却

△8千万

 

差引所得

2千万

1

 

税額 実効税率38

760

3800

 

税額控除

700

 

差引税額

760

3100

29.25



 

 ①

 

②   ―①差額/投資額

課税所得

2000

2000

 

特別償却

△1000

 

差引所得

1000

2000

 

税額 実効税率30

300

600

 

税額控除

70

 

差引税額

300

530

23



どちらが有利かという前に節税について簡単にコメントしておきます。節税には一時的には節税でもあとでその分費用計上が少なくなり、課税の繰延にすぎないものと、節税をしたらその金額は確実に節税になるものとに分かれています。

特別償却は投下資本の早期回収による、資金のメリットがありますが、課税の繰延に過ぎません。
これに対して税額控除は税額が直接減ります。経営状況や今後の推移によもよりますが、長期的には税額控除の方が有利選択としては、確実でいいといわれています。

そこで上述の表をみてみましょう(上述の表は一つの例にすぎません)。所得が多い場合と少ない場合を比較します。とすると、所得が少ない場合の方が税額控除と特別償却の差を投資額で割った比率の性小さくなっています。それなので相対的に所得が少ない場合税額控除が有利になるのがわかると思います。



業務内容












所在地

〒102-0084東京都千代田区2番町1
番町ハイム209号室
電話 03-6272-3962  
FAX 03-6272-4691