カウンター
[PR] blog

経営者・投資者の方へ 太陽コンサルタント株式会社  安村税理士オフィス 相続問題・空き家問題・消費税に強い

太陽光1.jpg太陽コンサルタント株式会社

☎ 03-6272-3962  mail

メガソ-ラ-発電事業コンサル

ニーズに応じた環境投資として
の発電事業の導入・運用のコンサル

投資案件 新規事業コンサル

経営者・投資家の方へ

太陽光発電の補助金は、なくなったと思っていませんか!?国に関しても、住宅だけではなく、自社建物等の屋上などで所定の要件を満たせば適用があります。さらにまだ事業に関しても地方自治体レベルでは残っているところも数多くあります!!

⇒グリ-ン投資減税活用できない方達には特に朗報です。

お問い合わせください。 

エネルギ-の一つ、自然に優しい太陽光。太陽光に関する政府保証の全量固定価格買取制度は、その変更が4月1日から施行されました。不当な事業者を規制することと、資源配分の効率化と不平等の防止という趣旨からの変更。大まかな内容だったので実務的には多少の混乱がありました。

実質的には4月21日に出たq&aで規制の内容がだいぶ明確化されてきて、太陽光の業者としては、それに応じた対応がとれるようになってきました。

基本的には、下記のように対応しています。

① 家庭と同様の50kwの低圧方式小規模分割の太陽光設備については、土地は私た

ち業者が所有して賃貸したうえで、設備を売却すること
② それ以外の高圧方式での接続が必要な設備については、0.3MWから0.6MW程度の設備の投資効率が最も高いことから、資金ニ-ズに応じてこれらの規模で売却すること


この二つの方式で対応することにより、27年3月までの申請までであれば、太陽光設備の固定価格買い取り制度での設備の取得に関しては、投資としての安定性、収益性は、さほど以前と変わることもなく(多少投資効率は下がりますが)、他の不動産投資や株式投資と比較すれば、よりよいものだという計算をはじくことができています。


問題としては、投資金額のロットが大きくなることと、それによる融資の問題さえクリアできれば、収益性と安定性がある環境投資として、節税につながるとともに、地方によっては補助金制度もまだありますから、まだまだお勧めできますね。

疑問や質問がある方、お問い合わせください!☎ 03-6272-3962  mail

景気は大分底上げが図られつつあります。アベノミクスと日銀の金融政策が連動しているのも功を奏しているのでしょう。

とはいうものの、経営環境はまだまだ不透明だと思われます。というのも株価をみていればわかりますね。

とすれば、経営の安定化を図ることがまず大切になってくると思われます。その過程で事業承継や相続税対策を合わせた経営判断が必要でしょう。その手段として、個人事業を法人化したり、会社統合や会社分社化といった組織構造の見直しの必要性がたかまってきています。経営に必要かつ有用な合理的な節税は一つの税法だけではなく、多様な税法に渡ってプランニングをしなければいけないものです。たとえば、個人事業の法人化を図ることにより、所得税を下げ、消費税は還付、法人税と将来の相続税も減らすといつたことが可能な場合も少なくないのです。一昨年もこのプランニングでとても不動産事業を営む事業者の方に喜ばれました。税理士冥利につきますね。

とはいうものの、基本は、事業収支の改善、収益性を高めることにあるでしょう。その手段として自然エネルギ-への投資、これは不動産投資であると同時に、環境投資にもなります。固定価格買い取り制度があるので、安定性が高いうえに投資効率も良いのです。この投資を導入する場合に、色々な節税対策や税の減免などを活用して、事業を戦略的に実施することにより、経営は発展し、資金面にもメリットがでてくるのです。やり方自体は、会社の業況にはじまり、会社の規模、業種、経営者の方針、経営陣の更正及び株式の保有状況などが影響してくるので慎重なプランニングが必要になります。

有効なプランニングをするには、まず経営者の方との話し合いがとても重要になってきます。経営者は色々な問題を抱えていても相談できる方があまりいないという話しをよくお聞きします。一人で悩んでいるのではなく、いつでもメ-ル等でも構いませんので、ご相談下さい。簡単なアドバイスはできると思います。



業務内容












所在地

〒102-0084東京都千代田区2番町1
番町ハイム209号室
電話 03-6272-3962  
FAX 03-6272-4691