カウンター
[PR] blog

税理士業務とは - 贈与税  安村税理士オフィス 相続問題・空き家問題・消費税に強い



中小企業のホ-ムドクタ-として経営支援 合理的節税 融資対策 消費税対策任せて下さい。
様々な規模・業種に関与してきた経験とノウハウを活かして、会計・税務の計算は言うに及ばす、
経営を安定・成長させるうえで必要な各種アドバイスやプランニングを支援します。
起業支援致します。
一橋大学大学院商学研究科修了。
経営に関係する理論に強く、その理論と実務の融合を経営支援において図ります。
経営者の立場に立つとともに、話し合いを重視します。それが、経営の諸課題への解決の近道です。
税務調査においては、過去に重加算税を課された経験がない調査に強い税理士です。
経済産業省認定「経営革新等支援機関」 
ミラサポ専門相談員
メール*3864*




贈与税
贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度があります。

暦年課税制度
暦年課税制度とは、一年間に贈与によりもらった財産の価額を合計して、基礎控除の110万円を差し引いて、残りの金額に一定の税率を乗じます。直系尊属から子、孫に対するもの(特例)と一般贈与とに分かれた計算となります。詳しくは、お尋ねください。

相続時精算課税制度 
相続時精算課税の制度とは、原則として60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度です。この制度を選択する場合には、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日の間に一定の書類を添付した贈与税の申告書を提出する必要があります。
適用対象者 
贈与者は贈与をした年の1月1日において60歳以上の父母又は祖父母、受贈者は贈与を受けた年の1月1日において20歳以上の者のうち、贈与者の直系卑属(子や孫)推定相続人及び孫です。
税額の計算
1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額を基に贈与税額を計算します。

 その贈与税の額は、贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額(限度額:2,500万円。ただし、前年以前において、既にこの特別控除額を控除している場合は、残額が限度額となります。)を控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出します。

『空家をめぐる税金に係るチョットいい話 ~Q&A 20問+アルファで答える~』を出版させていただきました。

空き家表紙.jpg
電話 03-6272-4690
メール

(電話でもお気軽に問い合わせてください。
※ 土・日曜や祝日、時間外の対応も可能です。
お気軽にお問い合わせください

アクセス
事務所所在地 102-0084東京都千代田区2番町1 番町ハイム209号室

麹町駅5番出口より徒歩2分
半蔵門駅5番出口より徒歩5分
四ツ谷駅より徒歩10分
市ヶ谷駅より徒歩10分


*3864*

安村雅己写真.jpg


業務内容











一般社団法人
空き家救済支援協議会

太陽光発電事業の紹介

事務所所在地

〒102-0084東京都千代田区2番町1
番町ハイム209号室
電話 03-6272-4690    
FAX 03-6272-4691  

主な対応地域

千代田区、杉並区、品川区、港区
世田谷区、目黒区、葛飾区
大田区、北区、中野区、渋谷区
吉祥寺、三鷹市、武蔵野市
国分寺市、立川市、国立市
多摩地区、中央線沿線、京王線沿線
埼玉県