カウンター
[PR] blog

一般社団法人家族信託・空き家協議会 家族信託・空き家のスペシャリスト   安村税理士オフィス 相続問題・空き家問題・消費税に強い

一般社団法人家族信託・空き家協議会

☎ 03-6272-3962  mail

財産管理・承継のための家族信託に関する相談から問題解決に至る一連の業務
財産の中でも金額が大きい、空き家の有効活用のための賃貸、売却等のコンサルティング業務
空き家問題に関連する税務・法務等のコンサルティング業務

家族信託(民事信託)    

認知症になったら遅い!

【財産保全・管理・承継の方法】


超高齢化の現在、認知症等の影響を心配して、ご相談がふえています!

 みなさんの中で下記のようなことで心配はないですか?

相談例 1 祖母が高齢になり、不動産賃貸事業を継続していきたいのですが、認知症等になったら、事業継続のため、不動産の大規模修繕や売却はできるのですか?

相談例 2 父親が高齢になり、私自身で障害者の子供の生活やの面倒を見たりすることが大変になるとともに、息子の将来が心配なのですが?

相談例 3 残された母が老人ホ-ムに入ることになり、自宅が空き家になってしまうのですが、母が認知症等になる前に何かできることはないのでしょうか?

相談例 4 母が最近ボケ始めて来ていて、相続対策や事業承継をしなければいけないのですが?

相談例 5  会社をやっていますが、事業承継をスム-スにやっていこうと考えています。株の譲渡等、信託で対応できますか?


実は大変な問題があります! 認知症等になったりして、権利能力が制限されてしまうと、不動産を売却したり、重要な契約をしたり、預金のが解約をしたりといったことができなくなるんです!株の譲渡ももちろんできなくなります。

親御さんが認知症等になると、上述のような契約等ができなくなるので、その解決策として「家族信託」制度があります。まだまだ、利用が少ないのが現状で、金融機関などでも対応がすぐできるところばかりではないようなのです。

それなので、超高齢化が進む今、早めの対応がなおさら必要だと言えます。


家族信託 (民事信託ともいいます。) とは 信託制度を活用して親族等が、財産の所有者(受託者といいます)から委託を受けて、財産の管理・処分を、信託の目的に従って、受託者が、信託の利益を図るというものです。



家族信託のメリットとは何ですか?
◎財産管理が、その範囲を問わず契約により自由に実施できることと、裁判所の関与や成年後見人の関与なしに迅速にできることです。

◎財産や権利の移転については、名義変更だけで実質を変えずにできることから信託契約を適切に行うことにより、贈与税や所得税等の心配をしなくて済むようになることです。*
*受益者が変更したりする場合には、贈与税や所得税等かかる場合があるので、詳しくは、税理士に相談することが必要になります。

◎財産の管理運用すべてが受託者が行うことができます。たとえば資産の譲渡や賃貸契約などによって空き家対策などもスム-スにできます。相続(税)対策にも有効です。

◎財産の移転先。次やその次の移転についてもフレキシブルに決められることです。


遺言・成年後見制度との違いは何ですか? ⇒ 遺言では、生前の財産管理や財産の売却等を制度上明確にすることはできません。それとともに、遺言ではたとえば子供さん、甥、といった財産の移転先を決めておく場合には、二つの遺言が必要になりますが、信託では一つの契約書で定めておくことができます。

 成年後見人制度では、裁判所が関与するため財産管理に関しても問題に対応するための迅速さが欠けます。とともに、財産管理までは可能ですが、原則として財産の売却はできません。

家族信託のデメリットはないんですか? ⇒ あります。親族に財産管理等ができる、信頼できる親族がいないと制度の採用は難しいです。それと、遺言もそうですが、委託者と受託者の契約ですべてを決めることができるので、両者以外の親族との争いが生ずる恐れがあります。ただ、これは遺言でもほぼ同様なことが言えます。

家族信託を活かすには ⇒ 財産や経営の実情や今後の希望について話を忌憚なくしてもらって、家族信託契約書を作成することと、その後の運用を適切にしてもらうために、法律家や、税理士等の協力が必要になると思われます。念のためですが、それだけではなく法定成年後見人の方が必要な場合は、福祉関係の専門家等の力も借りてやらなくてはいけない場合がある、ということも知っておいてもらいたいと思います。

空き家いろいろ  

空き家2.png
☆空き家は、遊休資源です。社会に迷惑を及ぼすこともあります。

☆空き家を有効活用すれば、所有者の方をはじめとして、地域住民、利用者及び地方自治体にとっても利益になります!

☆行政は、税制上の優遇と税金の優遇の取り消し等により、空き家解消を図っていますが、現実は権利関係が複雑だったり、所有者が認知症だったりして、前にあまり進んでいないようです。

☆一定の空き家を譲渡した場合に適用される空き家の3千万円の特別控除。この新制度を活用したいですね。解体補助金もできれば利用したいですね。

☆空き家にならないようにするためには、遺言・贈与・家族信託によって対応が図られます。特に、家族信託を上手く活用できると、認知症対策、相続対策なども併せて図れる場合が多いようです。財産管理承継を目的として様々なバリエ-シヨンが想定できる家族信託を自らの状況と希望に応じて活用すれば自らの財産を守ることになります。さらに、環境対策、経済対策になるのですから、社会的にも意味のある取り組みです。

空き家有効活用していきましょう!家族信託を有効活用していきましょう!      空き家1.png

空き家問題や痴呆症になる前の財産管理承継、相続対策として、今後の方向性でお困りの不動産所有者の方等ご連絡下さい!

お話を伺い、原因を明らかにしたうえで、状況と希望に応じたお悩みの解決策を考えていきます!

まずは、空き家でお困りの所有者の方、メ-ルでお問合せ下さい!!



当社団法人の紹介
設立は2016年ですが、理事達は、不動産関連の事業を以前よりやっていた不動産のプロ。みなさんに大変喜ばれることが生き甲斐だという理事達。代表理事は税理士。不動産関係や医療、社会福祉に強い税理士で、社会的に意味のある活動に携わることを生き甲斐としています。

すでにいくつもの空き家や土地・建物の有効活用に携わっています。

活動理念 空き家の有効活用は、もったいない精神の適用そのもの。うまく活用すれば環境対策、経済対策になり、社会的意味のあることになります。社会的に意味のある事業を私達で支援して、限られた資源の有効活用を図るために活動しています。

弁護士、建築士、税理士、司法書士等専門家と不動産・家族信託コンサルタントが手を携え活動を進めていきます。

活動の目的
未利用の空き家。その原因ごとに対応して、空き家がうまく活用されるようなお手伝いをしていきます。
①空き家管理 
②空き家所有者と賃貸人とのマッチング 
③空き家所有者と購入者とのマッチング
④行政との折衝

近隣住民の方がごみ問題で困ったり、通行しにくかったり、倒壊の危険等の心配をすることなく、地域社会の安定を図ります。
行政とも連携して空き家問題の解消を図っていきます。空き家解消との関係から高齢化に伴う多くのお悩みを解消する方法として家族信託に関する活動にも力を入れています。

目的を果たしていくために、お話を丁寧に伺うことをモット-としています!!

『空家をめぐる税金に係るチョットいい話 ~Q&A 20問+アルファで答える~』を出版させていただきました。

空き家表紙.jpg

電話 03-6272-3962
メール
akiya-sien@yasu-tax.com

(電話でもお気軽に問い合わせてください。
※ 土・日曜や祝日、時間外の対応も可能です。
お気軽にお問い合わせください

アクセス
所在地 102-0084東京都千代田区2番町1 番町ハイム209号室

麹町駅5番出口より徒歩2分
半蔵門駅5番出口より徒歩5分
四ツ谷駅より徒歩10分
市ヶ谷駅より徒歩10分


*3864*

















所在地

〒102-0084東京都千代田区2番町1
番町ハイム209号室
電話 03-6272-3962  
FAX 03-6272-4691